本文へスキップ

                秋田の遺産相続・遺言作成なら 行政書士 金子里見事務所にお任せください。

TEL. 018-846-1772

〒011-0931 秋田県秋田市将軍野東二丁目22−56

遺言書作成の基礎HEADLINE

遺言書はなぜ必要か

 誰でもいずれは死を迎えます。あなたでも私でも、それは変えることはできません。
そして、自分が死んだ後、家族にはこのように財産を分けてほしい、家族以外でもお世話になった人に財産を贈りたい、という思いをかなえるのが遺言といっていいでしょう。

 もちろん遺言を残すかどうかは個人の自由です。相続のページでご覧いただいたとおり、遺言があれば原則として(遺言が無い場合の)法定相続より優先されます。

 遺言が無くても法律で相続がなされるのならあえて遺言を残す必要が無いじゃないか、と思われる人も多いかと思います。
 しかし、法定相続で決まっているのは相続分までですから、誰がどの遺産を相続するかというのは決まっていないのです。被相続人が亡くなった後、遺産分割協議というものが必要になります。
 ですから、自宅を妻に残したい、という意思があるのならば遺言でその意思を残しておかないと必ずしも妻の所有となるとは限らないのです。このようにある財産を特定の人に相続させたい場合や、相続人以外の人に遺産を贈与したい場合などは遺言は不可欠だといえます。


バナースペース

行政書士 金子里見事務所

〒011-0931
秋田県秋田市将軍野東二丁目22−56

TEL 018-846-1772
FAX 018-846-1772

初回メール・電話相談無料
土・日・祝日、時間外も対応可能
戸籍取り寄せいたします。自分で相続手続きをしたい方、忙しくて専門家にお願いしたいがなるべく安く、という方限定のページです。
ここをクリック
SSL通信機能を使用しております。
お客様の情報が外部にもれることは
ありません。

インターネット関係その他の勧誘は
固くお断りいたします。


秋田で相続・遺言作成なら行政書士金子里見事務所

相続遺言の相談サイト
オール相続の登録行政書士秋田県第1号です。上のバナーをクリックするとオール相続のページに移動できます。


秋田で相続・遺言作成なら行政書士金子里見事務所

秋田県では行政書士として唯一専門家として認められています。
無料相談も充実。