本文へスキップ
秋田の遺産相続と遺言作成ならお任せください。秋田の行政書士 金子里見事務所のページです。

TEL. 018-846-1772

〒011-0931 秋田県秋田市将軍野東二丁目22−56

遺言の方式HEADLINE

遺言の方式は、大きく分けると4種類

遺言には決まった方式があり、これによらなければ効力がありません。
 方式は以下のとおり、大きく4つに分けることができます。

1 自筆証書遺言・・・遺言者がその前文、日付および氏名を自書し、これに印を押すことで作成します。

2 公正証書遺言・・・公証人に依頼して作成してもらいます。証人2人が必要で、遺言者が遺言の趣旨を口授し、公証人がその内容を筆記してこれを遺言者と承認に読み聞かせます。遺言者、証人が正確であることを承認した後各自が署名押印します。公証人に支払う手数料が必要です。

3 秘密証書遺言・・・秘密証書遺言は、はじめから密封した遺言を公証人に提出して自分の遺言だという確認を受けるだけの遺言です。
 必ずしも自筆で作る必要は無く、パソコンで作っても良いとされています。その遺言書に遺言者が署名押印し、それからその証書を封筒に入れて糊付けしてとじ、糊付けした上に印を押します。
 それを持って公証人役場に行き、公証人および二人以上の証人の前に封筒を提出し自分の遺言であることを申述します。その後、公証人がその遺言者の申述を封筒の紙面に記載した後、遺言者および証人とともにこれに署名します。

4 特別方式の遺言・・・病気で
死亡の危機が迫ったときや遭難などの危急の際に認められている方式です。
死亡の危機が迫った者の遺言と船舶遭難者の遺言は裁判所の確認が必要であり、その事情が去ってから6ヶ月のうちに普通方式の遺言でやり直さなければなりません。
そのほかに伝染病隔離者の遺言、在船者の遺言があります。


バナースペース

遺産相続と遺言作成なら
行政書士 金子里見事務所

〒011-0931
秋田県秋田市将軍野東二丁目22−56

TEL 018-846-1772


秋田で相続・遺言作成なら行政書士金子里見事務所
相続の専門サイト、オール相続登録認定秋田県第1号です。
バナーをクリックするとオール相続のHPに移動します。


秋田で相続・遺言作成なら行政書士金子里見事務所
秋田県では行政書士として唯一専門家として登録されています。無料相談も充実しています。


初回メール・電話相談無料
土・日・祝日、時間外も対応可能
戸籍取り寄せいたします。自分で相続手続きをしたい方、忙しくて専門家にお願いしたいがなるべく安く、という方限定のページです。
ここをクリック
SSL通信機能を使用しております。
お客様の情報が外部にもれることは
ありません。

インターネット関係その他の勧誘は
固くお断りいたします。